FC2ブログ
総アクセス数
現在の閲覧者数
Twitterやってます Twitterボタン
クリックすると中の人が喜びます

生産ってどうやってやるの?作業手順ってどうなってるの?

生産の修練を上げるのに、一番適しているのがローカルリーヴ。
そのローカルリーヴを受けてから、作業をするまでの手順を書き出してみました。
今回は、私のキャラの出身国であるグリダニアのNPCティルニー(冒険者ギルドにいるよ!)で、木工師のローカルリーヴを受け取り挑戦してみました。
選んだローカルリーヴは「初級木工師向けの仕事」です。
リーヴの本文内に、「キャンプ・ベントブランチにいるマニヌから資材を受け取り」と記載されているので、まずマニヌに会いに行き会話をし資材をもらいます。リーヴによって資材をくれるNPCが変わりますから、ご注意ください。
もちろん、報告場所を変わりますからリーヴ本文はしっかり読んでおきましょう。
ちなみに、NPCマイセンタの位置はこちらです。私もマイセンタを探すのに手間取って大変苦労したので、位置情報を別に記載しました。参考にどうぞ。


木工2
NPCから資材を受け取ったら、メインメニューより製作ボタンを押します。そして、注文書ボタンをクリックします。

木工3
次に、ローカルリーヴより該当のリーヴを選択。
この時、資材を受け取っていないリーヴを選んでも、「資材がありません」のようなエラーが出ますので、間違えて選んでも問題はありません。

木工4
上記記載したように、今回は「初級木工師向けの仕事」というリーヴを選びます。

木工5
任務に記載の製作したい物を選びます。エンターキーや決定ボタンで選択決定すればおkです。
ここもリーヴで製作する物以外を選んでも、間違えて製作してしまう事はありませんのでおっちょこちょいな方でも大丈夫♪

木工6
レシピ情報を見るボタンを選択して決定します。

木工7
レシピ情報が出たら、製作開始ボタンを押します。

木工8
さぁここからが本番です。4種類の作業選択ボタンから適当なものを選んで作業を進めていきます。
私はここで行き詰ってしまって、この生産方法について書こうと思ったんですよね(TT)
基本的に作業を進めるボタンは「突貫木工」で大丈夫です。
4種類の作業の違いは、現状私にはわかりません。でも一応違いを私の体感という素晴らしく曖昧な感想を少しだけ。()内がその感想です。
作業木工 → リスク重視(作業の進みはちょい遅め。)
突貫木工 → コスト重視(作業木工より進みはいいと思う。突貫のみで完成まで辿りつけるので。)
入魂木工 → クオリティ重視(品質は上がるけど、作業自体はほとんど進まず耐久ががっつり減る)
経過観察 → 観察するだけ(まさにみぃてぇるぅだぁけぇの状態。クリスタル不安定状態の時に使うといいのかな?不安定時に突貫等をやると耐久がガリガリ減ってしまうので、それの予防対策と思えば。)


木工の作業画面1
耐久度が0になると失敗です。それまで進めていかなければなりません。
突貫連打で、とっかんとっかんとてちてとっかーん☆

木工9
Progressが見事100%まで貯まると・・・おめでとう!!!完成ボタンが押せます。ヤッタネ☆

木工10
出来上がると自分のキャラ名の上辺りにこのような「完成したよ!」という情報が出ます。
ここまでが、製作の手順になります。ここまでの手順を複数回やり注文された物を作っていきましょう。 中々上手くいかない人も、これで成功出来るようお祈りしてます♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:CielNova

castanic
オンラインゲームが好きな娘が自己満足で書いてます。
プレイスタイルは、のらりくらりで短期集中型♪
コメントを書いてくれると、中の人が喜びます。

第3期TERA LEADER
 I'm Archer
 I'm Sorcerer
※注:上記はTERAの希望職です

● 管理者画面 ●
※当サイトはリンク自由となっています。相互リンクもお気軽にどうぞ
Blog Link
公式link&商標
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
FinalFantasy14
Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. TERA
Published by NHN Japan Corp.
Copyright (C) Bluehole Studio Inc, LTD. All Rights Reserved. AION
Copyright © 2009 Ncsoft Corporation. NCJapan K.K. was granted by NCsoft Corporation
the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION™ in Japan. All rights reserved.